日光陶器店

日光陶器店は料理道具、厨房機器、陶磁器、ガラス食器の専門店 プロ仕様のキッチングッズをお届けしております。
業務用食器や調理道具も1個から販売いたします。個人の方も大歓迎!購入OKです。不明な点はお気軽にご相談ください。
在庫品に関しましては当日または翌日の発送を心がけております。 贈り物にご利用の場合はプレゼント包装、 着日指定も可能です。
商品名で検索 1文字目をクリック↓
わ ら や ま は な た さ か あ
り み ひ に ち し き い
る ゆ む ふ ぬ つ す く う
れ め へ ね て せ け え
ろ よ も ほ の と そ こ お
TOP  | ご利用ガイド | 販売店記述 | 店舗紹介 | お問合わせ | FAXで注文 
7,000円以上お買い上げで送料無料
電話注文
※ 公衆電話・IP電話等はこちらから TEL 055-975-4914
   

2012年6月8日金曜日

梅干し、梅漬けの賞味期限

市販されている食品には賞味期限が記載されているものだが
自家製の梅干しには製造年月日しか書き留められていない。

聞くところによると奈良県には100前の梅干しが存在し、
江戸時代に作られた梅干しはおいしく食べることができたといい、
梅干しが腐るときは何かの前触れとも言われている。
家庭でできる究極の保存食ということだろう。

昔の製法?というか元来、梅干というのは干した後、
梅と白梅酢を分けて保存するため、徐々にしっとり感は無くなり
だんだんミイラのような梅干しになってしまう。

梅干しもおいしいのだが、
個人的には分けられるはずの白梅酢が好きで、
一旦、干した後も梅酢につけた梅漬けの状態で保存することにしている。

梅酢と分離された梅干しは長期保存が可能だが
白梅酢は梅干しほど長期保存にはむかないので
梅漬けにする際は天日干し後、
カメからあげ、ガラスの保存容器に移し替えています。
古いものから食べていますが、しっとりとしていてとてもおいしいです。

その年によって出来栄えは違いますが製造回数を重ねるうちに
同じように作っていても、おいしくできるようになり
最近では食べるのがもったいなく感じられるようになりました。
それでも梅漬けの場合は2~3年ほどで食べ切ったほうがいいと思いますよ。


夏は白梅酢とシーチキンを混ぜて白梅酢パスタ