日光陶器店

日光陶器店は料理道具、厨房機器、陶磁器、ガラス食器の専門店 プロ仕様のキッチングッズをお届けしております。
業務用食器や調理道具も1個から販売いたします。個人の方も大歓迎!購入OKです。不明な点はお気軽にご相談ください。
在庫品に関しましては当日または翌日の発送を心がけております。 贈り物にご利用の場合はプレゼント包装、 着日指定も可能です。
商品名で検索 1文字目をクリック↓
わ ら や ま は な た さ か あ
り み ひ に ち し き い
る ゆ む ふ ぬ つ す く う
れ め へ ね て せ け え
ろ よ も ほ の と そ こ お
TOP  | ご利用ガイド | 販売店記述 | 店舗紹介 | お問合わせ | FAXで注文 
7,000円以上お買い上げで送料無料
電話注文
※ 公衆電話・IP電話等はこちらから TEL 055-975-4914
   

2016年1月4日月曜日

ここが面白いのさ 渋草焼の釉薬

今日紹介したいお湯のみは飛騨高山で作られている
渋草焼(しぶくさやき)のお湯のみ。



シンプルに「そぎ落とし」の地模様が入っているだけなのだが
少し黄色みがかった薄い緑色が
なんとも言えない丸み帯びた温かさをかもし出している。
たぶん、長石に含まれる微量な酸化鉄がそうさせているのだろう。


釉薬はクシを通してあるのであろうが
所々、ダマになって
点、点と模様のようにも見せているところが渋い



ハマの部分には釉薬が弾じかれた部分や
タレ落ちて窯の棚板まで流れてしまったような部分もある

微妙に不均一な釉薬の掛かり具合に奥行きを感じる。



お湯飲みの中の部分にも
黒いぶつぶつが・・・



生地や釉薬の洗練技術も進み、
洋食器のように真っ白く艶やかで、ゆがみや傷もない
工業的に均一化された製品に囲まれていると
一見、不良品としてみられておかしくない部分なのだが
侘びとか寂びとかの味わいがそこに感じられるのだ。

決して手を抜いてつくったわけではなく
手間や時間を感じさせてくれる焼き物は
それ自体が美であり、出会いである。

存在の価値に気づく目を養いたいので
今日はお湯飲みに使われている釉薬にスポットをあててみました。

陶器屋さんからすると
誰が気づいて、買っていってくれるのか楽しみでもある。

なお、この商品は残り1個なのでお店に来ないと購入することはできません。
売り切れてたらごめんね

三島大社前 日光陶器店
三島市大社町18-4
TEL:055-975-4914  電話受付時間:9:00~17:00
  または 24時間注文OK!
日光陶器店オンラインショッピングもどうぞ